So-net無料ブログ作成

蜘蛛女のキス [ライブ・観劇・鑑賞]

初日、観てきました。





※以下、レポはいたしませんが
ネタバレに繋がる感想を書きます。








まず、私が観劇した席は3階のA列。中央よりも少し上手の席。
(FC枠ではなく、プレイガイドで頑張って取ったもの)
A列と聞いて「え?!1列目?!」って喜んだのもつかの間、目の前の手すりと塀に視界を塞がれて舞台前方(手前)部分はほぼ見えず…。
でも、ちょっと上手だったから目の前直線的に(舞台下手に設置されている)ヴァレンティンのベットはばっちり見えて、仰向けに寝っころがった時などの表情の変化も観れました。
双眼鏡が無くても見える距離(グローブ座万歳!)だけれども、双眼鏡があった方がより表情の変化や指先や足元のチェックができる。
あと、いきなりネタバレだけど(笑)モリーナのベットの中での二人が暗転するまでの間毛布に包まるまでの一連が見えた(笑)


では、なるべくストーリーに沿って感想。
(=忘れない為の自分メモ)
舞台に行き慣れていないので、変な言い回しあるかも。

最初に開演ブザーがなり会場内が暗転。
ここまで暗くするのか!って思った位真っ暗闇。
ほんと漆黒の闇の中、ギター(フラメンコ調?)の音が響き渡り頭の中で一瞬「必殺仕事人」のOPが思い出された。
続いて暗闇の中、響き渡るヴァレンティンとモリーナの会話。
ここは原作通りだったけれど、ヴァレンティンの声は終始大きめでトーンも高め。声張ってるなぁーと思った。
後、結構怒りやすくて怒鳴るので、大きな声で怒鳴る人が嫌いなワタシは、ヴァレンティン、ちょっと苦手なキャラクターです。(見た目はカッコイイけど…)

当たり前だけど、関西弁じゃなくて。
遠い昔には感じたことがある「台詞っぽい標準語」では、なかった。
初日だからちょっと言い直す所も数箇所あったけど(私が数えられたのはヴァレンティン6回とモリーナ3回)これはもう、仕方ない。
台詞でカ行をたくさんいう所があって、ちょっとだけ「大倉さん」っぽい話し方をされている所もみられて可愛かった。

可愛いと言えば!(話が飛び飛びだけど←)
一番のお気に入りシーンがコンデンスミルクのスプーンを舐めて「うんっ♡!」て言うところ。
男らしいヴァレンティンなのに、そこだけはちょーーー可愛らしかった。

…話を戻して。
原作では毎夜最後に「おやすみ」って言ってたからどんな風に「おやすみ」って言うのか楽しみにしていたんだけれど、この舞台での「おやすみ」という台詞は1回。
しかもズボンを脱いでパンツ一丁で毛布を被りながら割と早口での「おやすみっ」だったから私の想像とは違っていて、ちょっと残念。(ま、あくまでも想像だから外れて当然)でも、これって毎回言い方変える事できるよねー。もう少し余韻のあるおやすみが聞きたいって思っちゃった。

台詞といえば、モリーナの台詞が原作よりも大分まろやかな感じ。いっけいさんに併せてあるのかな?優しくて可愛いモリーナ。大好き。。
ちょいちょいネタっぽい台詞も挟んでいたりはしたんだけれど、原作と同じ台詞なのに「そこ笑う???」みたいな場面もあったり。まぁ、お客さんの見方は色々あるでしょうから何とも言えないけれどね。
原作では台詞の量がモリーナ9割ヴァレンティン1割って感じていたのだけれど、この舞台ではモリーナ7割ヴァレンティン3割位かなー、ヴァレンティンが結構長台詞言っていて、大倉さん凄いよー。
役者さんに負けない位に頑張ってるって台詞を聞きながら泣きそうになりました。(泣くようなシーンではない←)

泣きの演技では、すぐにポロポロと泣いておられ、即泣きトライアルの必殺技(絞り出し)を出さなくてもすーっと自然に涙が出ていた。

あと原作読んで難しいって思ったワタシは映像版を観ていて正解だった。
あぁ、これはあの映像の…と重ねて見られた。(比較はしない←)

お腹を痛がる演技は、本当に痛そうで…。
一緒に観ていたじゅん(=娘)は、観ていて自分までお腹痛くなったって言ってた位だから、すごいよ大倉さん(笑)
お腹を抑える右手の手首の曲がり具合に「大倉さんらしさ」を感じて愛おしくなりました。
お腹を下して下着を汚してしまうシーン。(ここもあまり笑わなかったんだーワタシは)
パンツを脱いだけど、あっという間にパンツ履いてた(二枚履きか←)

入浴が出来ず身体が痒いというヴァレンティンの為に身体を拭いてあげるモリーナ。
シャツを脱いだヴァレンティンの胸の傷が痛々しい。
ヴァレンティンは背中を拭いて貰う時に、傷にお湯が滲みて痛がる演技が欲しかったな←(最初の1回だけでいいから。笑)
身体を拭かれて笑うヴァレンティンは、嬉しい気持ちを笑って誤魔化したのかなー。

モリーナが差し入れを部屋に持ち帰り、ヴァレンティンに披露する所で目を瞑らせて当てさせるシーン。渡された缶詰を両手に持って重さの比べっこ??する仕草が無邪気で可愛いヴァレンティン。

食べたり飲んだりするシーン、本当に食べたり飲んだりしてた。
オートミールは最後まで食べたし、チキンも1口食べてた。
クッキーを頬張る姿、可愛かった←
あと、朝の歯磨きシーン!あそこ大好き。もっとシャカシャカ磨いて欲しい。笑(歯磨きの音大好き←)

二度目の差し入れで、イライラしているヴァレンティンがテーブルをひっくり返すところは「星一徹!」って頭の中で叫んだよ。(モリーナは明子ねーちゃんか?…)

その後、反省したヴァレンティンがモリーナにサンドイッチを作ってあげるシーンがあるんだけれど。ワタシからはまーーーったく見えなくて(泣)どんな風にバター塗ったり具材を挟んでいたのか(何を挟んだのか)わかりませんでした…(;▽;)

期待?(笑)のラブシーンは控え目←
だけど、暗転してからの二人の息遣いとベットの軋む音が想像力を掻き立てる感じで、あとはあなた達(観客)の想像力にお任せしますよ♡みたいなのがよかった。。。かな(笑)
キスは2回。
1度目のキスはちょっとぎこちない。
(まぁ、ヴァレンティンにとって同性に対する初めてのキスという設定ならそんな感じで良いのかな)
2度目のキスはテンションが上がったヴァレンティンから!なんだけど握手やハグだけじゃ抑え切れない嬉しい気持ちからのキスなんだろうから、もう少し情熱的にしてあげても良いかもー。

ストーリーが進むにつれ、モリーナの心の葛藤が痛い程伝わってきて切なくて切なくて。
涙が止まらなくなりました。

あと、これはヲタクあるあるだけど、双眼鏡越しにヴァレンティンと目が合った。
あ、こっち見てる…って思っていたら瞳にロックオンされて…目が離せなくなった。
双眼鏡越しだから、見つめていられる事ができた。
多分1分もないと思うんだけど、その後涙で双眼鏡のレンズが濡れて見えにくくなって大変困りました(笑)
でも、初めて大倉さんとちゃんと?視線を合わせられた(ような気がして)凄く嬉しかった。
本当に嬉しかったです。


最後の終わり方は、やっぱり切なすぎる。
ワタシだったら「幸せ」とは言いがたいなー。


初日舞台終わっての生放送ラジオで、初日の感想を「楽しかった」と語る大倉さんに役者として頼もしさを感じました。
これから3週間、無事最後まで走り続けられますように。






nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ふみ

ファンクラブも
コンビニで粘ったけど
両方チケットとれなくて
どんなだろうと気になって、気になって

だからレポとっても嬉しかったです。
ありがとうございました。
とりあえず過去の映像の見てみたくなりました。
きっとプレミアチケットだったと思うから
ぜひ映像化して欲しいけど…
またお邪魔させて貰います。
by ふみ[るんるん] (2017-05-28 17:12) 

margaret

ふみ様♪
コメントありがとうございます。
(お返事大変遅くなりすみません;;;)

レポといえるようなものではなかったのですが、普段の大倉さんとは明らかに違っていました。
過去のDVD(映画)は原作で解らなかった部分を映像で観ることでそういうことか~というカンジで見れました。(なので、舞台とはまた違う雰囲気で、同じ作品ですが別物です←)

って、ふみ様はワタシの知ってる「ふみさん」かしら;;;
(間違っていたら、ごめんなさい;)
(リンク先、後日お邪魔します。。。)
by margaret (2017-06-19 08:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。